2018年11月 全国巨樹・巨木林の会 第14回 那須高原の巨樹観察会報告

  • 2018年11月6日(火)、全国巨樹・巨木林の会の第14回観察会が栃木県那須塩原市を巡るコースで行われました。
    都心から距離があり、もう数キロ進むと福島県という場所まで遠出した観察会でした。

  • 東北道をひた走り、最初に訪れたのが甲子峠に眠るカツラの巨樹「剣桂」です。
  • 巨大なカツラの割にはアクセスが良く、道路からは2分ほどで見ることができます。


  • 当日は雨でしたが、しっぽりと湿潤した雰囲気がなんともカツラにはぴったりです。
  • ここで恒例の集合写真を撮影しました。
  • 通津いて木の股地蔵のカツラにも訪問。
  • こちらはすでに大枝を失い、ひこばえが多数成長している段階まで来た老木です。
  • 樹木医による治療の痕跡もあり、樹勢はあまり盛んとは言えないようです。
  • こちらのカツラは、急な坂を5分ほど上り上げてのご対面となります。


  • やはりカツラには雨が似合います。

昼食は牧場のレストランでハンバーグをいただきます。

これがまた絶品でした!

  • 午後に入ると塩原温泉奥の八幡神社にある逆杉へと向かいました。
  • さすは国指定天然記念物だけあって、その大きさには度肝を抜かれます。


  • ようやく雨も上がり、那須の紅葉が見えてきたのは帰りがけになってからでした。