2017年8月 全国巨樹・巨木林の会 第10回 青木ヶ原樹海の巨樹観察会報告

  • 2017年8月8日(火)、全国巨樹・巨木林の会の第10回観察会が山梨県鳴沢村の青木ヶ原樹海・静岡県富士宮市冨士花鳥園で行われました。

  • 冨士花鳥園でお昼過ぎまで過ごし、その跡に青木ヶ原樹海の散策コースとなります。
  • まず午前中は富士花鳥園で鳥たちと遊びます。


  • ベンガルワシミミズク。
  • 猫みたいです。
  • 何も言うことはありません。
  • こちらはオウム。
  • 人間がかごの中に入り鳥たちと戯れることができます。餌はリンゴを小さくカットしたものなのですが、油断しているとオウムにひったくられてしまいます。
  • 隠すとかじられるし・・・・・・


  • 昼食はお決まりの富士宮やきそばです。

午後になるといよいよお待ちかね、青木ヶ原樹海の散策となります。

一般の樹海散策と違い、大室山近くの溶岩が噴出した火口のそばを散策します。ブラタモリがこのコースと同じルートをたどっておりましたね。ただ、青木ヶ原溶岩のことがメインで、巨木に関しては一つも触れておりませんでした。

まあ、それが普通ですよね・・・・

  • おお!ブナが現れました。
  • 関東近辺では最大クラスとなる1本です。


  • ブナというと、誰しもが撮影するアングルで・・・・・・・。
  • ブナのそばには超巨大なミズナラの巨木がありますので、こちらで全員の集合写真をば。
  • 西湖方面の青木ヶ原樹海と違い、こちらはようやく踏み跡が残る程度です。
  • はぐれないよう細心の注意を払いつつ進み、本栖の火口なども見学しスパターを拾ったりして悦に入ります。
  • このようなカツラがいたるところにあり、最高の森林浴を楽しむことができました。
  • 帰りには道の駅なるさわにも立ち寄り、お土産をしこたま買い込み帰路につきました。