2016年4月 全国巨樹・巨木林の会 第4回八ヶ岳湧水と神代桜観察会報告

  • 2016年4月4日、全国巨樹・巨木林の会の第4回観察会が行われました。
    行き先は山梨県北杜市、長野県原村方面に向かいました。
  • 昼食には地元で評判のベーカリーに立ち寄り、おいしいパンを買い込みました。
    バスは定刻通りに東京駅前を出発し、中央道を一路西に向かい小淵沢のインターで高速を降り、八ヶ岳の湧水を目指して山の中に分け入ります。
  • マイクロバスでもギリギリのダートの道を進み、道も行き止まりとなり徒歩で遊水池に向かいました。

  • 途中にクロベの巨木林があり、小さな小川が流れておりました。




  • その小川の行き着く場所がこちらの湧水となっておりました。
  • 滾々と湧き出る水を見ていると、心が洗われるようで癒やし効果抜群のようです。


  • 次に向かったのも八ヶ岳南麓の遊水池です。
  • こちらは町の水源ともなっている場所で、その湧水の量も半端なく多いです。
  • その湧水の際に立っているのが、その名も「湧水モミ」


    モミとしては全国有数の大きさを持ち、急遽メジャーで幹周測定の講習会を開きます。


    集合写真もこちらでパチリ!
  • ほとんど誰も来ない場所であるため、一日のんびりとするのにもうってつけの場所のようです。

  • 昼食は原村にあるベーカリーでお好みのパンを購入いただきました。
  • 面白いパンがたくさんで、味もなかなか。


    午後には北杜市(旧武川村)の山高神代桜に向かいました。
  • 心配された開花状況ですが、ものの見事にドンピシャ!
  • 最高の満開の桜に出会うことができました。平日とあって、少々の渋滞にはまるだけで、意外とすんなりと桜の袂まで到着できたのは助かりました。


    名物のスイセン畑も満開中。
  • 桜と併せてコントラストが素晴らしく綺麗です。


    これでスカッと晴れていてくれたなら文句はないのですが、まあ、これで十二分のシチュエーションでしょう。

  • そしてお隣の鰐塚の桜にも立ち寄りました。
  • こちらも満開で、大勢の花見客で賑わっておりました。
  • 根元に広がる花壇の花も綺麗で、春爛漫を満喫させていただきました。