2015年9月 全国巨樹・巨木林の会 群馬県沼田市観察会報告

  • 9月8日、全国巨樹・巨木林の会の第2回観察会が行われました。
    総勢18名様のご参加での開催となりました。
    行き先は群馬県沼田市周辺の巨樹観察です。
    今回は、遠路はるばる塩竃市からご参加の方もおり、東京駅前を時刻通り8:30分に出発! 関越道に乗り、一路沼田市を目指します。
    天気が心配されましたが、小雨で済み、各地の巨樹でもあまり雨には降られずに済みました。
    一路水上インターに向け順調にバスは走り、最初の訪問地である村主神社の大ケヤキに時刻通りに到着。


    傷みはあるものの、元気そうなすがたに感動です!
    ここで皆さんの集合写真を撮りました。

    まだ観察会は始まったばかり、皆さんの顔も期待に充ち満ちているようです??

    次に立ち寄ったのが川田の大ケヤキ。
    一部の樹皮が生き延びているだけで、樹木医さんの判断も相当厳しい状況にあるとのこと。
    今回が見納めとならないよう願いを込めます。


    お昼前に道の駅田園プラザかわばに到着。
    ここは関東の道の駅でも、もっとも人気のある道の駅としても知られています。
    途中で仕入れた高崎の駅弁をほおばり、ソーセージを買ったり、地ビールを飲んだりと思い思いに楽しんでいただきました。
    件の高崎駅弁の鳥めし弁当です。
    これは超美味でありました!


    その後、沼田市街地の北に聳える迦葉山へとバスは進みます
    。 ここには数本の大スギと、全国最大の天狗のお面がある寺として有名です。


    馬隠れ杉と呼ばれる、境内一の大スギ。
    霧が出て、幻想的な雰囲気の中での見学となりました。
    さらに参道を行くと、もう1本の大スギも


    こちらは雨に濡れて黒々としており、迫力を感じさせました。


    迦葉山を後にし、次に訪問したのが国指定天然記念物の「薄根の大クワ」
    昨年の高崎フォーラムに持ち主の方がいらっしゃっていたのを思い出し、辺りを見回しますが誰もいません・・・・・


    ラストは沼田城でケンポナシの見学予定でしたが、雨で足場が悪いために渋川市の早尾神社の大ケヤキに急遽差し替えます。
    幹周り10mを遙かに超えるケヤキに、皆さん大満足なご様子。
    サプライズで、漬け物工場直営の売店にも立ち寄り、お土産を買い求めます。
    帰りは首都高5号線の通行止めに遭遇し、急遽坂戸経由で一般道で帰って来るというハプニングもありましたが、何かと無事に観察会は終了しました。

    次回は12月1日(火)に、埼玉県ときがわ町の巨樹を観察に行く予定です。
    関東一の巨大クス、冷気漂う西平のカヤ、北限のイチイガシの巨木、昼食にはひもかわうどんをご賞味いただく予定です。
    ご都合がよろしければ、是非ともご参加をご検討ください。お待ちいたしております。